置き換えダイエットをしようと思ってもなかなか成功しない事もあるのではないでしょうか。
なぜ置き換えダイエットが成功しないのか、続けるコツは何なのか紹介していきたいと思います。

置き換えダイエットは、手軽に用意できるメニューが多いのが魅力です。

多くの商品は、栄養バランスが良いこともありますが、カロリーが少な目に摂取してあったり、脂質が不足しがであったりするなど、決して全体としてのバランスがとれていないケースも多くあります。

そのため、栄養素を1食単位でなく、1日単位で考え、全体のバランスを適正になるよう、考えてメニュー構成を行う必要があります。

手軽さを理由に置き換えダイエットを始めると、強い空腹感に悩まされたり、栄養不良から太りやすい体質になったりして、ダイエット前より太るリスクが高くなります。

置き換えダイエットは、一般的に通常の食事よりもカロリーが低めに設定されています。

これにより、無理なく体重を減らすことができるのですが、急激に摂取カロリーを減らして、その状態が続くと、体は飢餓状態になったと感じて、飢餓モードになってしまいます。

いくら早い効果を期待しても、通常のカロリー摂取から20%以上減らすことが続くようなメニュー構成はさけましょう。

もっとも理想的なのは3週間かけて1日の摂取カロリーを10%ずつ減らすことです。

最近では飲む日焼け止めを飲んでいる方が多いようですが、保jんとうに効果があるのでしょうか。
こちらではヘリオケアという飲む日焼け止めの効果と副作用について紹介したいと思います。

人間の体は紫外線を浴びると体内にフリーラジカル(代表的なものが活性酸素)というものが発生し細胞を傷つけます。

フリーラジカルの過剰な発生は肌のバリア機能を低下させ、肌荒れやシミ・しわなどをつくり肌を老けさせます。

しかし、飲む日焼け止めヘリオケアの主成分であるFernBlock(フェーンブロック)には体内に発生したフリーラジカルを破壊し、細胞の損傷を防ぐ働きがあるため、シミやしわを予防し光老化を食い止める効果があるのです。

このヘリオケアの主成分フェーンブロックは中央アメリカに生息するシダ植物の一種から抽出されたもので、天然の抗酸化成分です。

紫外線防御効果の他にも炎症を抑える作用・痴ほう、アルツハイマーといった精神疾患に対する効果・自己免疫疾患の治療・喘息など様々な効果・効能があるそうです。

そして、フェーンブロックは日焼け防止効果があるとして認められており特許成分となっています。

青汁ってちょっとまずいというイメージが大きいと思いますが、青汁のおいしい飲み方とは一体どのようなものなのでしょうか。
こちらで青汁のおいしい飲み方について紹介したいと思います。

青汁+牛乳
青汁独特の青臭さや苦味が緩和され、抹茶ミルクのような味になります。
また牛乳に含まれるタンパク質やカルシウムも一緒に摂れるため、お子さんにもオススメの組み合わせです。
ハチミツなどの甘味を加えると、さらに飲みやすくなります。

青汁+豆乳
豆乳には植物性タンパク質をはじめビタミンE、B1、ビタミンK、葉酸、鉄分などの栄養素が含まれています。
栄養素が豊富な上に牛乳と比べてカロリーが低いことから、女性に人気です。
さらに「青汁+豆乳+きなこ+ゴマ」の組み合わせは、美容効果も期待できると言われています。
青汁+野菜ジュース
すっきりした口当たりで、青汁の苦味や青臭さが軽減される組み合わせです。
おいしく飲めるだけでなく、野菜ジュースに含まれる栄養素も一緒に摂れるというメリットがあります。
ただしニンジンのジュースは酵素が野菜のビタミンを壊してしまうことから、オススメしません。

青汁+フルーツジュース
フルーツの甘さで飲みやすく、グリーンスムージー感覚で取り入れられる組み合わせです。
どのフルーツでも比較的相性が良いことから、自分好みの味にアレンジすることも可能です。
フルーツの糖分と酸味で口当たりもすっきり。朝の1杯にオススメです。

アンチエイジングってみんなが気になっていることだと思いますが、アンチエイジングに良いと言われている食品って一体どのようなものなのでしょうか?
こちらで効果があるものを紹介していきたいと思います。

タンパク質は筋肉、骨、ホルモンなど体全体を形づくる素材として欠かせないものです。
注意したいのは、肉でタンパク質を摂ろうとすると余分な脂肪も食べてしまい、カロリーオーバーになること。

そこで肉の脂身や霜降りなどはあまり食べないようにして、牛や豚のヒレ肉、鶏肉、羊肉、馬肉など油が少ない肉、魚、納豆や豆腐などの大豆製品、アボガドなどを積極的に摂るようにすると、カロリーがぐんと抑えられます。

食べてすぐに糖が分解すると血中の糖が急に増え、それを処理するためにインスリンが大量に必要になるため、インスリンをつくる膵臓に大きな負担になります。

そこで、糖の分解がゆっくりで急激にインスリンを分泌させない「低GI食品」を摂ることが膵臓を労わって糖尿病や肥満を予防し、いつまでも若々しさを保つのに役立ちます。

脂質は体のエネルギー源になったり、ホルモンを作ったりする大切な栄養素ですが、増えすぎたり偏った摂り方をすると内臓脂肪を増やして、肥満やメタボリックシンドロームの原因になり、体を老化させてしまいます。
特に代謝が下がる40代以降は、血管を汚す中性脂肪や悪玉コレステロールを増やさないように注意することが必要です。

炭酸パックを自分で作ってみたいと思ったことがある方はいらっしゃいませんか?
でも市販のものと自分で手作りしたもの、一体どんな違いがあるのでしょうか?
こちらで両者の違いを紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手作りの炭酸パックだと炭酸水と同じように炭酸ガスが抜けてしまうため、どうしても市販のものと比べて炭酸濃度が低くなりがちです。
そのため、手作り炭酸パックだと一般に言われている炭酸パックの魅力をなかなか実感しづらい可能性があります。
しかし、「作るのにかかる費用が安い」というのはやはり魅力的ですよね。
一般的な炭酸パックが一回900~1500円程度かかるのに対し、手作りであれば1回100円かからない費用で作ることができます。
炭酸パックが肌に合わなかった場合でも、余った材料をほかの手作り化粧品などに使えるので、「気軽に試すことができる」のも手作りならではのメリットです。

また、手作りなら料理や編み物のような自分で作る楽しみも味わうことができます。
使うだけじゃない楽しみ方があるのもひとつの魅力ではないでしょうか。

手作り炭酸パックは、炭酸コスメを気軽に楽しもうという感覚で挑戦してみるのがおすすめです。