アンチエイジングってみんなが気になっていることだと思いますが、アンチエイジングに良いと言われている食品って一体どのようなものなのでしょうか?
こちらで効果があるものを紹介していきたいと思います。

タンパク質は筋肉、骨、ホルモンなど体全体を形づくる素材として欠かせないものです。
注意したいのは、肉でタンパク質を摂ろうとすると余分な脂肪も食べてしまい、カロリーオーバーになること。

そこで肉の脂身や霜降りなどはあまり食べないようにして、牛や豚のヒレ肉、鶏肉、羊肉、馬肉など油が少ない肉、魚、納豆や豆腐などの大豆製品、アボガドなどを積極的に摂るようにすると、カロリーがぐんと抑えられます。

食べてすぐに糖が分解すると血中の糖が急に増え、それを処理するためにインスリンが大量に必要になるため、インスリンをつくる膵臓に大きな負担になります。

そこで、糖の分解がゆっくりで急激にインスリンを分泌させない「低GI食品」を摂ることが膵臓を労わって糖尿病や肥満を予防し、いつまでも若々しさを保つのに役立ちます。

脂質は体のエネルギー源になったり、ホルモンを作ったりする大切な栄養素ですが、増えすぎたり偏った摂り方をすると内臓脂肪を増やして、肥満やメタボリックシンドロームの原因になり、体を老化させてしまいます。
特に代謝が下がる40代以降は、血管を汚す中性脂肪や悪玉コレステロールを増やさないように注意することが必要です。

炭酸パックを自分で作ってみたいと思ったことがある方はいらっしゃいませんか?
でも市販のものと自分で手作りしたもの、一体どんな違いがあるのでしょうか?
こちらで両者の違いを紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手作りの炭酸パックだと炭酸水と同じように炭酸ガスが抜けてしまうため、どうしても市販のものと比べて炭酸濃度が低くなりがちです。
そのため、手作り炭酸パックだと一般に言われている炭酸パックの魅力をなかなか実感しづらい可能性があります。
しかし、「作るのにかかる費用が安い」というのはやはり魅力的ですよね。
一般的な炭酸パックが一回900~1500円程度かかるのに対し、手作りであれば1回100円かからない費用で作ることができます。
炭酸パックが肌に合わなかった場合でも、余った材料をほかの手作り化粧品などに使えるので、「気軽に試すことができる」のも手作りならではのメリットです。

また、手作りなら料理や編み物のような自分で作る楽しみも味わうことができます。
使うだけじゃない楽しみ方があるのもひとつの魅力ではないでしょうか。

手作り炭酸パックは、炭酸コスメを気軽に楽しもうという感覚で挑戦してみるのがおすすめです。

まつげ美容液には色々なものがありますが、今回はBBアイラッシュというものを紹介します。
色々なまつげ美容液を使う中で一体これはどんな特徴があるのでしょうか?
こちらで紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本製のプラセンタでまつげを細胞レベルから再生!
日本で初めて「BBクリーム」を作ったメーカーによるまつげ美容液がBBアイラッシュです。
日本人の肌に合わせた純日本製のまつげ美容液です。
話題のプラセンタ成分も日本製の高級プラセンタを使用し、安心して使えることで人気となっています。

BBアイラッシュはまつげの細胞レベルに働きかけるナノレベルの浸透力。
自然なターンオーバーをうながし、保湿とバリアのトリプル効果で強いまつげを育ててくれます。
まつげエクステなどで弱っているまつげの再生にもピッタリです。

国産の高級プラセンタやナノヒアルロン酸・ナノコラーゲンがまつげや肌に浸透し、内側から整えます。
さらに保湿・保護の高級成分フラーレンでまつげのハリとコシを作り上げ、外部からの刺激にはアロエベラでしっかりとガード。
内側から外側まで全方位でまつげの成長をサポートしてくれます。

そして、とにかく価格がお手頃!
その上通常のまつげ美容液よりもたっぷりの8mlなので、数ヶ月間使用することが出来ます。
朝晩2回使ったとしても3ヶ月も使えてとっても経済的なのです。
1日あたり28円という超プチプライスで、憧れのパッチリまつげを手に入れることが出来ますよ!

ダイエットをしようと思ってもなかなか進まない、効果が得られないという方はきっと多いと思います。
でもやせるおかずを食べるとダイエット効果はかなり期待できるんですよね。
こちらではどんなものが痩せるおかずなのか、紹介します。

糖質オフで血糖値の上昇を防ぐ
「やせるおかず」では、とにかく「糖質オフ」がポイントになっています。
食後の血糖値の急上昇を避けることで、日中の空腹感を抑えます。
このレシピを取り入れることで「ドカ食いをやめられた」との声も。

作り置きで1週間使い回し
週末に5品程度作れば、1週間使い回し可能です。
電子レンジを活用したり、油を敷かなくていい食材を利用するので時短にもなります。
味付けがしっかりしているのでお弁当にもオススメです。

ご飯は小ぶりの茶碗1杯まで
血糖値の上昇を抑えるため、ご飯は小ぶりの茶碗1杯までにしましょう。
また、血糖値を上げにくい玄米や五分づき米に変えるのもおすすめです。

いなり餃子
餃子の皮の代わりに油揚げを使うことで糖質をカットしたレシピです。
焼くときは油を敷かずにそのまま焼くのでカロリーオフも実現。
満足感があり、とにかく「美味しい!」と評判の一品。

かさ増しクリームパスタ
通常よりパスタの量を減らすことで糖質をオフし、ズッキーニとエリンギでかさ増しするクリームパスタ。
ダイエット中はパスタはNGだと思いがちですが、これなら安心ですね。
野菜とキノコで栄養バランスも良好です。

ダイエット茶って色々な種類があり、本当に痩せられるのかちょっと不安ですよね。
私の周りでもダイエット茶を飲んでいる方がいますが、あまり効果があるのかってわからないようなのです。
そこで、こちらではダイエット茶を飲んで本当に痩せられるのかどうかを紹介したいと思います。

ダイエット茶が広く愛飲されている一番の理由は、お茶という飲み物が、私たち日本人にとって、大変馴染み深く、日常的にとり入れやすいものだからでしょう。

子供の頃から、夏には冷蔵庫に麦茶が冷やしてあった、という人も多いのではないでしょうか。
ダイエット茶の効果も、お茶によって違います。

烏龍茶やプーアル茶に代表される、脂肪や糖質の吸収を抑制するタイプのダイエット茶や、キャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)に代表される、便秘解消に効果的なダイエット茶、杜仲茶は体内の脂肪を減らす効果があるダイエット茶です。

どのタイプのお茶を選ぶかは、その人の肥満傾向にもよります。
脂っこいものや甘いものが好きな人、食べることが大好きな人には、脂肪や糖質を分解し、吸収を抑制するタイプのお茶がおすすめですし、便秘がちの人には便秘解消効果のあるお茶がおすすめです。